CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 【映】 躍る大捜査線 THE MOVIE 2 | main | 【馬】 2003年09月分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【馬】 2003年08月分
* 関屋記念(2003.08.03)

【Minority Report】
「暑い〜!!」溜息つく僕を見て、彼女は涼しげに微笑んでいた...
『関屋記念』
このメンバーなら落ち着くところ、やっぱりアドマイヤマックス◎。
G1級の実力に夏、コ-ス、時計、距離。それに加えて今の凄いデキ。何も言うまい。
頭を働かせるのは勝ち馬探しではなく、どの馬にどう絞るかだけ。
人気の2頭。ハレルヤサンデー、ロイヤルキャンサーは前走から+1キロが鍵。
勝ち方が強烈な後者に目がいきがちだが、1ハロン長いと読む。
そのNSTオープンで早めの競馬で4着に粘ったハッピーパスに白羽の矢。
休養を叩いて-1キロなら。チーム藤沢。連覇マグナーテンのたすきを繋ごう。
3=8!梅雨のむこうに女(牝馬)の夏がやって来た。


【週刊競馬予報】
息子が我家にやってきました。言葉を発しないだけに意思の疎通が難しいっす。
オムツ・おっぱい・暑い、倍率的には3倍なんだけどなぁ。こちらは、高配当を狙いますよ〜。
『関屋記念』
◎ゥ┘ぅ轡鵐魯螢泪ー:ダービー馬とオークス馬の夢の配合。
ずっと見つづけている馬だけにこの初夏からの活躍には嬉しさ一入である。ここが狙いどころ!!
○アドマイヤマックス:パワー時代のマイル戦に突入。速いだけでは、勝ち切れない。
マイルに勝つには2000Mを乗りきるパワーを持ち合わせている当馬に期待。
▲ロイヤルキャンサー:近走の実績は認めるのですが、斬れだけでどこまで通用か?アドマイヤと同配合。
△┘魯奪圈璽僖后Ю濤腓い気┨腓┐估も。
△ブラザータイクーン:トニービンの左回りの相性に。
馬連 3・5・8・9・11*200
3連複 3・5・8・9・11*100




* 函館2歳S(2003.08.10)

【Minority Report】
「CHAGE&ASKA&K.ODA3人だけのライウ゛」富士の裾野に染み渡った絶妙のハーモニー。
演奏がシンプルだからこそ、その力強さと繊細さが際立った。感動を貰った。月が輝いていた。
『函館2才S』
デビューから連勝。強敵不在のラベンダー賞とはいえ、1分10秒2の好タイムで逃げ切った(能力の違いで)
ナムラビッグタイム。現時点では頭一つ抜けているのは疑いようはない。
500キロを超す馬体ゆえ、道悪(経験済)もOKで◎とした。
対抗は絞りたい。フィールドゥレーウ゛はもう少し馬体が成長すれば逆転まで!と考えるが、今は押さえの評価。
ならばミュージックホークとプリモスターが面白い。
8-7・14・11・12。
明日へ向かって...


【週刊競馬予報】
『函館2歳S』
キャリアの浅い若駒に道悪の競馬。走る方も大変ですが、予想するほうも大変です。
道悪上手を探すのが的中の近道と紙面頼りに探す。しかし、何分キャリアが浅く紙面を鵜呑みにするしか無い…。
プリモスター、Mゼストが上手そうであり(プリモスターがなぜ得意そうなのかは分かりません。マイネルの方は
2走前が稍重で勝ってるからでしょうね。)
Cヴィンセントは苦手そうである(これは飛びが綺麗過ぎて道悪には適さない様である)
これに、人気どころのバクシンオー産駒とサンデー産駒を絡めてでどうよ!?
道悪で持ちタイムは考えなくて良いですよね?
うーん。読み返すといい加減だなぁ。。。
今週より複コロ復活!!

◎プリモスター
○┘淵爛薀咼奪タイム
▲フィーユドゥレーヴ
△Ε泪ぅ優襯璽好
△フラワーサークル

複コロ プリモスター*2000
3連複 6・8・11・12・14*100




* クイーンS・小倉記念(2003.08.17)

【Minority Report】
『クイーンS』
新旧女王が激突する。熱くなりすぎの?外野(ファン)には抑えてもらいたい処だ。
「秋を見据えて..」「一泡ふかすか」各陣営の思いは交差する。
今回はファインモーションとテイエムオーシャンずばり互角とみた。
「2強並びたたず」なら、割って入るは魅力軽ハンデ馬より、58キロでも実力ダイヤモンドビコー。
彼女のポテンシャルは伊達ではない。
2=11。1-2・11。
『小倉記念』
サンライズシャーク格上挑戦でも主役を務めるはず。興味をひくは昨年の覇者アラタマインディ◎。
「良くなってはいるが昨年程の出来には...」三味線ではなく本音だろうが気配を買う。
相手は一昨年覇者ロサード。
1・4・8BOX。1-2・6。
雨空を見上げた。



【週刊競馬予報】
先日、大崎君とプロ野球を見に行きました。2人とも初めてですし、そもそもあまり野球は存じておりません。
で、その際の会話。
S氏…「スコア−ボードの打順の上に、2とか3とかPとか書いてあるの守りのポジションって知ってた?」
O氏…「知ってる知ってる、Pがピッチャー,2がチャッチャー、〜で9がライトでしょ?」
S氏…「スゴイね?良く知ってるねぇ。」
O氏…「まあね!!ところでさぁ、ライトって右側・左側どっち?」
S氏…「・………。」
すいません。。。知識が片よってませんか?

レースの面白味で言うならば、断然クイーンSですが、馬券的妙味は小倉記念。
宝くじも外れましたし、ここで一儲けでも!!
『小倉記念』
サンライズシャークの前走は直線だけの競馬であり、あの切れ味。
その際の斤量57kgから今回は54kgへとの▲4kg。ここで買わねばいつ買う!?
脚質的には、小回りは苦手と思いきや、器用にこなす順応性の高さも好材料。
後は、マヤノ、ロサードは魅力ありだが、馬場状態をどう考えるか?
私はマイナス部分よりも魅力重視で私は買いましょう!!

◎ぅ汽鵐薀ぅ坤轡磧璽
○▲灰好皀螢弌璽汽
▲┘蹈機璽
△Ε泪筌離▲屮愁襦璽
△エイシンスペンサー

複コロ ぅ汽鵐薀ぅ坤轡磧璽*2000(1週目)
3連複 2・3・4・6・8*100




* 札幌記念・アイビスサマーダッシュ(2003.08.24)

【Minority Report】
オードブルは多種多彩。どれから手を付けようか?
『アイビスサマーD』
実力上位馬、格上げ馬が入り乱れている今レース。イルバチオ◎に白羽の矢。
ここ2戦のレース振りを見ていると、後方からレースを進め、勝ち馬を上回る上がりを計測しながらなだれ込む形。
勝負はここ(直線)だと見る。無論格下の身だが、今の出来なら。
7-10・6・8・15・12。メインディッシュに舌鼓を打つ。
『札幌記念』
「復活」という言葉は似合わない。「再生」したエアエミネム◎。彼の背を、ターフを去った友が支えている。
「情熱」という調味料を含んだ濃厚な深い味わいに、ナイフを持つ手が震えた。
7-8・9。
もうすぐ、実りの秋がやってくる。



【週刊競馬予報】
『札幌記念』
現在の札幌競馬場、良馬場で軽い馬場状態となっています。
メンバー的に頭をきるのはヒマラヤンブルーでほぼ決まりです。
馬場状態・メンバー的に、スローな流れの瞬発力勝負の感が強い今レース。
エアエミネム、サクラプレジデントの2頭の一騎打ちと読みますが?
◎はサクラプレジデント。あの瞬発力に、53kgの斤量。
休み明けの成績も【0・2・0・0】と良績(鉄砲でなくとも2着ですが(笑))

◎┘汽ラプレジデント
○Д┘▲┘潺優
▲ぅ劵泪薀筌鵐屮襦
△.函璽縫妊アマンテ
△ゥ曠奪肇掘璽レット

複コロ ┘汽ラプレジデント*3000(2週目)
3連複 1・4・5・7・8*100




* 新潟記念(2003.08.31)

【Minority Report】
笑顔を忘れた?ならば思い出そうか。
『新潟記念』
「ハンデ戦」でも、ただ軽いだけでは駄目。仮にも重賞を勝つと言うのに、勢いがなければ壁は飛び越えられない。
見極めるのに悩む事はない。前走で勝っている事。そして中味。
能力なら現実にハリマオーだが、今の勢いなら格下でもエスジービーム◎。
スローペースを先行から一瞬のうちに抜き去った斬れ。加えて一戦毎の馬体増も今の勢いの証。
そしてゴーステディの二番手グループからキングフィデリア。
決して表に立たず、息を殺し、いつの間にか現れる世渡り上手。
2・9・12・13BOX。
ない智恵を絞っても、残念ながらMには4頭しか見えてこないのだ。



【週刊競馬予報】
『新潟記念』
ゴーステディーが速めのペースを作り出す。
荒れつつある内馬場、外からの差し馬の有利な展開。
先行残るとすれば、自らペースを作るゴーステディーのみと読むんですが・・・。
そこで、騎手や馬体重、競馬場の変動に関係無く着実に走るエイシンハリマオー。
詰めの甘さを愛嬌ともそろそろ言いずらい。この夏の目標である今レースで結果を!!
ダービーレグノ、トニービンの左回り実績は東京だけではない。

◎エイシンハリマオー
○Ε澄璽咫璽譽哀
▲ゴーステディー
△ブルーコンコルド
△ぅゼニフカレテ

複コロ エイシンハリマオー*3000(3週目)
3連複 3・4・6・9・12*100
| 【馬】 '03 racing tips | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://saqu.jugem.cc/trackback/228
トラックバック