CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 【音】 gold medal/THE DONNAS | main | 【馬】 朝日杯FS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【映】 お父さんのバックドロップ
【S氏】★★★★★★★★(8P)
極端に言えば、男って言うのは「彼氏や旦那」「上司や先輩」こんな役目の時は
どんなにカッコ悪くとも構わないんですよね。
でもね、「父親」って役目をしてる時だけは、カッコ付けなきゃいかんと思うし、歯を食いしばって子供を守らないかんと思うのですよ。

劇中にありました台詞のやり取り
「お前、息子にどう思われたいんだ?」
「尊敬されたい。」
「そりゃ贅沢だよ…。」
息子や娘を大切に思う気持ちが強ければ強いほど、“尊敬されたい”との気持ちは当然であると思います。それにはそれなりの、自分の背中を見せて行かねばならない…。
この映画は父親と名のつく方と、それを支える奥さんに観て欲しいです。
| 【映】 '04 movie | 23:36 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |
コメント
親ってのは、特にお父さんってのは、何よりも自分と血がつながっているコドモの前では、がんばっちゃうのかな。
あそこまで必死に戦えるお父さん、ホレちゃうよねぇ。
| Madame Dragon | 2004/12/13 7:27 PM |
TBどうもです
父親は周りからどんなに馬鹿にされても不細工なやり方でも自分の子供には牛乃助みたくかっこつけていかなければいけないそれが一番の教育なのだなっと
本当にいい映画でした
| にな | 2004/12/16 9:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://saqu.jugem.cc/trackback/175
トラックバック
お父さんのバックドロップ
 祖父、父、息子と親子3代に渡る笑いと感動のバトル、98分1本勝負!  下田牛之助というネーミング自体が上田馬之助のパロディになっているので、他にも面白い名前がないかとあちこちに目を凝らしてみて・・・「あった、あった、丹下段平がいたよ!」と子どものように
| ネタバレ映画館 | 2005/01/16 3:38 AM |
おとうさんのバックドロップ
こちら 高校生の頃の僕は演劇少年だったので、「中島らも」というとリリパットアーミーだったり、ガダラの豚だったり、関西のよっぱらい文化人、といったあたりの認識だったのだけど、この人、やりての広告マンだったんですね〜。 中島 らも 株式会社日広
| ASSERTIVE? 就活大学生のスケッチ日記 | 2005/07/21 6:55 PM |
お父さんのバックドロップ−映画を見たで(今年132本目)−
公式サイト 監督:李闘士男 出演:宇梶剛士、神木隆之介、南方英二、南果歩、生瀬勝久 評価:90点(100点満点) 故中島らも原作。 弱小プロレス団体「新世界プロレス」のエース、下田牛之助を父に持つ小学生の一雄が母を亡くし、父方の祖父の
| デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) | 2005/10/17 12:31 AM |
NO.143「お父さんのバックドロップ」(日本/李闘士男監督)
らもさん、あなたのバックドロップ、 僕らは忘れないよ。 ここ10年ぐらい、僕の愛着する物書きの東西両横綱は、決まっている。 中島らもとみうらじゅんだ。横綱にしては軽量すぎる、前頭3枚目ぐらいでは、なんてつっこみが入りそうだが、これでいいのだ。 どことなく
| サーカスな日々 | 2006/04/29 9:57 AM |